製薬株式会社、浙江ステライト-会社案内
沿革
現在の場所:トップページ > 会社案内 > 沿革
  • 1997年
    スターリー製薬の前身が設立された
  • 2000年
    スターリー製薬は正式的に医薬化工産業へ発展し、レボフロキサシン製品の開発は成功した
  • 2002年
    イオヘキソール製品の試作が成功した
  • 2003年
    会社は正式に「浙江スターリー製薬有限会社」と名称変更
  • 2004年
    正式に『薬品生産許可証』を取得した
  • 2005年
    生産額は1億元を突破した
  • 2006年
    正式に中外共同出資企業になる
  • 2008年
    工場は仙居県の現代工業集中区に引越され、占有面積は122ムーである
  • 2011年
    浙江スターリー製薬株式有限会社に改組、生産額は5億元を超え、江西支社を設立した
  • 2012年
    「十二五」の計画を完成し、土地面積は合計585ムーに増し、上海支社を設立した

トップページ|会社案内|製品とサービス|研究開発|ニュース|採用情報

Copyright(C)2009,浙江司太立制药股份有限公司 . All Rights Reserved.

サイトマップ|Planning & Design:HanSun