製薬株式会社、浙江ステライト-研究開発
研究開発の投資
現在の場所:トップページ > 研究開発 > 研究開発の投資
10数年は来て、スターリー制薬はずっと製品研究開発への投入と研究開発の総合的実力に対して非常に重視して、科学研究人材、技術、情報、資金、構造などの元素を有効的に一体になって、革新、厳格だ、高効率、持続的発展可能な研究開発体系を構築しました。今のスターリー制薬研究開発センターはすでに独立科技ビル(建築面積3523㎡)と2箇所の中間体テスト試験場を持ち、薬化部、薬支部、薬事法規則部、科学技術プロジェクト部と応用技術部などの五大核心部門から構成して、イオヘキソール、イオパミンド、イオバソルなどの14個の正式プロジェクト課題チームを創立して、総価2500万元あまりのに研究開発用の分析設備を装備しただけではなく、それにLC―MS(TOF)、LC―MS(QTOF)、調合用液体クロマトグラフィーなどに30数セットの各種の液体クロマトグラフィーとFID、TCD、ECDなど8台の気体クロマトグラフィーも配置しました。社外連携の面で、弊社は積極的に北京中科医科大学、中国科学院上海薬物所、中国医学科学院、浙江大学、厦門大学などの国内知名科学研究学院と大学に緊密な交流と協力を展開して、「革新薬物研究開発実験室」などの開発機構を創立しました。

トップページ|会社案内|製品とサービス|研究開発|ニュース|採用情報

Copyright(C)2009,浙江司太立制药股份有限公司 . All Rights Reserved.

サイトマップ|Planning & Design:HanSun